中国海外ドラマ「王女未央‐BIOU‐」、ルオジンから見たドラマのみどころ

前回は中国ドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」をご紹介しました。今回の第二段は中国ドラマの「王女未央‐BIOU‐」の見どころをルオジンにスポットをあててお伝えします。ドラマの世界だけでなく現実も結婚して色々な意味で話題を振りまくビックカップルの登場です。

1 「王女未央‐BIOU‐」の内容
2  ルオジンはどんな人?
3  主役のBIOUとの関係
4 「王女未央‐BIOU‐」まとめ

「王女未央‐BIOU‐」(BS11より)

スポンサード・リンク(sponsored Link)




1 「王女未央‐BIOU‐」の内容

このドラマは中国で2016年大ヒットした中国南北朝時代の歴史宮廷ドラマです。

「王女未央‐BIOU‐」のドラマのシーン
(BS11より)
「王女未央‐BIOU‐」のドラマのシーン
(BS11より)

「王女未央‐BIOU‐」の内容
陰謀によって一夜にして家族と国を失った亡国の王女が、逃亡中にBIOUに助けられます。しかし、そのBIOUも暗殺されてしまいます。

そこで亡国の王女がBIOUになりすまし敵国へ入り込み、自身とBIOUの二人分の運命を背負い復讐を誓います。待ち受けていたのは宮廷内の陰謀でした。

又、美しいBIOUに思いをよせる皇子達との三角関係、タイプの違う2人の皇子が激しく火花をちらします。

BIOUはその皇子の一人拓跋濬(ルオジン)と心を通わせますが運命は思うようには進みません。しかし、強く賢いBIOUは争いに巻き込まれながらも自ら道を切り開き皇后まで昇りつめ、好きな人との愛を貫きます。

「拓跋濬(ルオジン)の役柄」

ルオジン(シネマアートニュースより)

拓跋濬の役柄は最初は宮廷を離れて遊歴し、人民のために貢献している姿からスタートします。BIOUと出会い互いに愛するようになります。でも次第に過酷な宮廷紛争に巻き込まれます。

そしてBIOU以外の不本意な結婚までしなければならなくなりました。それでも自分の本質を必死に守ろうとBIOUを愛し続け、守るために行動しています。

ドラマ後半では一つしかない解毒剤を迷いもなくBIOUに飲ませたシーンは凄みを感じました。もともと長身でイケメンで黙っていてもカッコイイのに、ドラマの性格はルオジンの魅力を一層ひきだしていました。

スポンサード・リンク(sponsored Link)




2  ルオジンはどんな人?

拓跋濬を演じるルオジンの経歴

ルオジン(シネマアートニュースより)

1981年11月30日中国江西省生まれ、現在41歳です。身長181㎝、体重68Kg0型。

医者の両親のもとに生まれ兄弟はいなく一人っ子です。2002年に北京電影学院の俳優養成コースを卒業しました。

2006年テレビドラマデビュー以来、様々な役柄を演じています。

「俳優の仕事について」

ルオジンさんは俳優について語った言葉があります。

「俳優は他人の立場になって考えて問題解決しなければならないと思う。自分の気持ちしか考えないなら一生いい俳優にはなれない」

(Cinem@rtのインタビューより)

人への思いやりを重視するルオジンさんの思いがあふれた言葉ですね。仕事に対する考え方がわかりますね。もちろんプライベートでも人の気持ちを考える優しい方なのだと思いました。

ルオジン(シネマアートニュースより)

「情報発信」

ルオジンはインスタグラムはしていなく、唯一の情報発信はウィイボーです。ウィイボーは中国版ツイッターです。

個人情報ではなく自分が出演した作品の宣伝に使っています。台湾観光ドットコムによるとフォロワー数は2080万人を抱える人気俳優です。

ルオジンの情報発信は仕事が中心なので、しっかりプライベートと仕事は分けている様子が伺えます。

スポンサード・リンク(sponsored Link)




3  主役のBIOUとの関係

「プライベートでも結ばれた二人」

拓跋濬演じるルオジンとBIOU演じるティファニータンはドラマの中では結ばれ結婚します。ドラマのラストシーンでは二人の子供も映っていました。

実は実生活でもドラマで知り合ったのをきっかけにお付き合いがスタートしていたようです。このドラマ2016年に放映されていますが2016年12月6日ティファニータンの誕生日に合わせて交際を公にしています。

ルオジンとティファニータン 
ドラマの中での結婚式(BS11より)
ルオジンとティファニータン
プライベートでの結婚式
(Recordchinaより)

なるほど!ドラマの中でのティファニータンはルオジンに微笑む時、とても可愛らしく恋している女性の眼でしたね。

[かっこいい交際宣言」

ルオジンの交際宣言の仕方が独特でした。普段プライベートを発信しないだけに印象に残りました。

ルオジンが2人の幼少時代写真をわざわざ合成して「僕の肩はいつもあなた(ティファニータン)のためにある、お誕生日おめでとう」とウィイボーにアップしました。

その2年後の2018年にウィーンのベルヴェデーレ宮殿で豪華な挙式をあげました。ルオジンはなんてロマンティックなんでしょうか!

現在、女の子が二人の間に生まれています。

ルオジン身長181㎝、ティファニータン172㎝、長身のお二人の子供も又長身に成長するのでしょうか?ビックカップルのお二人の美しいお顔立ちから想像するにお子さんも美形でしょう!

「王女未央‐BIOU‐」のエンディング曲は二人のデュエットです。二人の歌声も聞くことができるのもドラマの魅力の一つです。

スポンサード・リンク(sponsored Link)




4  「王女未央‐BIOU‐」まとめ

「王女未央BIOU」は歴史宮廷ドラマです。

権力争いのすさまじさも見ごたえありますが、そんな中でも愛を信じてけっして見失わない姿は見どころの一つです。

状況に流されがちな日常生活の中、自分の気持ちに正直に向き合い自分自身を偽らない姿は感動します。

「王女未央‐BIOU‐」のドラマのシーン
(BS11より)

苦難はあきらめてしまえば未来は見えず、そこで終わってしまいます。

このブログの第一段でお伝えした中国ドラマ「瓔珞<エイラク>でもそうでしたが、必ず解決方法を見つけ出す行動は強さと未来への明るさを生み出します。

ドラマ撮影時、愛する二人が実生活でもお付き合いしているという事実を踏まえて考えると、隠してもちょっとした仕草にも表れていたのではないでしょうか。

周りの共演者はやりにくくなかったのでしょうか?と単純に思いました。

でもルオジンの俳優に対する考え方のインタビューを読んでいる限りきっと大丈夫だったのでしょうね。

興味がある方は是非「王女未央BIOU」をご覧ください。

スポンサード・リンク(sponsored Link)
最新情報をチェックしよう!