日本文化が満載!フランスドラマ『アストリッドとラファエル文書係の事件録』

こんにちわ、ルオです。フランス海外ドラマ『アストリッドとラファエル文書係の事件録』がNHK総合で放映されています!パリが舞台ですがドラマでは日本文化が紹介されています!フランスでの日本ブームを合わせてお伝えします。

目次
1フランス海外ドラマ『アストリッドとラファエル文書係の事件録』はどんなドラマ?(ネタバレなし)
2なぜ「日本文化」は人気?
3『アストリッドとラファエル文書係の事件録』のまとめ




スポンサード・リンク(sponsored Link)

1フランス海外ドラマ『アストリッドとラファエル文書係の事件録』はどんなドラマ? (ネタバレなし)

主人公はパリの犯罪資料局に勤めるアストリッド(サラ・モーテンセン)とパリ警視庁警視のラファエル(ローラ・ドヴェール)です。

論理的で几帳面なアストリッド、猛進型でフレンドリーなラファエル、二人は正反対な性格です。

この二人の女性がバディを組んで難事件を解決するフランスの犯罪ミステリーです。

『アストリッドとラファエル文書係の事件録』
(NHKより)

アストリッドは子供の時から自閉症と診断され対人関係に困難を抱えています。

警官だった父親の影響を受け、子供の頃から刑事事件の調書や謎解きに人一倍興味を持ちます。特に「パズル」に興味がありました。

「パズルは必ず解けるもの!」と犯罪学者や監察医並の知識と論理的な思考で解明していきます。事件を一つずつ丁寧に調べる洞察力が素晴らしいドラマです!

アストリッドはラファエルの力となることで自立した人間としての自信をつけていきます。

そしてこのドラマの魅力は事件解決だけではありません。

アストリッドは自閉症を周りから理解されない苦悩を抱えています。

一方、ラファエルは息子がいます。夫と離婚し親権を失い悲しみを背負っている状態です。

人付き合いを避けて静かに暮らしていたアストリッドとラファエルの友情の変化も見どころの一つになっています。

二人はお互いの理解を深めて信頼関係が築かれていくのですね!

アストリッド(右)とラファエル(左)(NHKより)

パリの町並みがとても美しいです!旅気分を味わえますね。室内のインテリアも素敵ですよ!

2019年からフランスで放映され、2020年第1シーズン、2021年第2シーズン、2022年から第3シーズンを放映中です。

フランス本国では人気シリーズで、すでにシーズン4の放映が決定しました!

1話完結でテンポが良いドラマです。

『アストリッドとラファエル文書係の事件録』NHK総合、毎週日曜日21:00より




スポンサード・リンク(sponsored Link)

2 なぜ「日本文化」は人気?

主人公のアストリッドは日本文化に愛着のある設定です。お茶なども劇中に出てきます。

アストリッドが幼いころから日本食品店に通っていました。日本人が出演するので親近感わきます。物語では、日本に関連する物が正確に描写されてます。

主演のサラ・モーテンセンは役柄について聞かれると

彼女が日本を好きな理由は決まった作法があるから。伝統的な所作や配置が日本にはある、だから安心します

ドラマインタビュー(ユーチューブより)

サラ・モーテンセンは1979年12月10日 フランスのパリ生まれ、現在42歳です。

主演のサラ・モーテンセン(NHKより)

彼女は10日間ほど仕事で日本に滞在した経験があります。その時は渋谷や京都に行きました。

役柄のアストリッドもそうですが、サラ・モーテンセン自身もとても日本文化に興味を持っています。

パリの和食ブームは健在で、ドラマの中でも「寿司」を食べるシーンがあります。日本をテーマにしたイベントを開けば人が集まる人気ぶりです。

なぜそんなになぜ「日本文化」は人気なのでしょうか?

19世紀フランスの画家たちに大きな影響を与えたのは浮世絵とジャポニズムです。

そして、次のブームは1980年後半の『ドラゴンボール』です。最高視聴率は65%でした!

『ドラゴンボール』では個人主義の強いフランスが日本の協調性を知る機会となりました。

日本文化に興味を深めるきっかけになったのですね!

ラーメンおにぎりもフランスで知られるようになりました。今は北海道のパン屋さんもパリにオープンして人気があるそうですよ!

『ドラゴンボール』を見て育った世代が大人になり、世の中で活躍する時期になりました。

親世代になった今、小さいころに影響を受けた「日本文化」を引き続き楽しんでいる様子が伺えます。

その流れから考えるとドラマに「日本文化」が現れてくるのは当然かもしれません。

*このブログでは「漫画が空前の売り上げ!ブームを作った魅力は何?」を掲載しています。興味がある方はご覧くださいね!




スポンサード・リンク(sponsored Link)

3『アストリッドとラファエル文書係の事件録』のまとめ

フランス海外ドラマ『アストリッドとラファエル文書係の事件録』NHK総合で放映されています!

パリが舞台で頭脳派アストリッドと行動派ラファエルがコンビを組み難事件を解決する犯罪ミステリーです。

『アストリッドとラファエル文書係の事件録』
ドラマシーン(NHKより)

アストリッドの事件解決に向けた飛び抜けた能力は素晴らしいです。

又、アストリッドとラファエルがお互いの悩みや違いを受け止めながらも尊重する姿は感動的です。ちなみにラファエルの息子テオがとても賢く、かわいいですよ!

ドラマでは日本文化が紹介されフランス人が日本文化に興味を持ち、楽しんでいるいう様子が伺えます。

興味がある方はドラマを是非ご覧くださいね!

『アストリッドとラファエル文書係の事件録』NHK総合毎週日曜日21:00より

*このブログではフランス海外ドラマを掲載しています。良かったらそちらもご覧ください。
「フランス海外ドラマ『アートオブクライム美術犯罪捜査班』美術作品からのメッセージが面白い!」




スポンサード・リンク(sponsored Link)

スポンサード・リンク(sponsored Link)
最新情報をチェックしよう!