浅田真央、全盛期と引退後どっちの収入が多い?気になる結婚は?『日曜日の初耳学』出演

  • 2022年8月29日
  • 2022年9月14日
  • 芸能
  • 118View
  • 0件

こんにちは、ルオです。プロスケーターの浅田真央さんが『日曜日の初耳学』インタビューコーナーに出演します。引退後はどのように過ごしているのでしょうか?収入や結婚も気になりますね。浅田真央さんの今をお伝えします。

目次
(1)全盛期と引退後の収入
(2)プライベートは?
(3)浅田真央さんのまとめ




スポンサード・リンク(sponsored Link)

(1)全盛期と引退後の収入

浅田真央(あさだまお)さんは5歳でフィギュアスケートを始めました。

2005年、グランプリファイナル優勝と荒川静香さんのトリノオリンピック優勝の相乗効果で、日本はフィギュアスケートブームになりました。

男女ともにフィギュアスケートを目指す子供たちも増え、フィギュアスケートの選手の層も一段と厚くなりましたね!真央さんは羽生選手とともにブームの中心にいた選手です。

皆の期待にこたえ、2010年バンクーバー冬季五輪女子フィギュアスケートで銀メダルを獲得しました。真央さんは さらに女子フィギュアスケート界の人気を押し上げていきました。

体力の限界もあり2017年4月に惜しまれながら引退しました。

それから5年間、現在ではテレビでタレント活動アイスショーの開催などで真央さんを見る事ができます。

アイスショーは2018年から活動をはじめました。コロナ禍で予定変更はありますがとても人気で好評です!

引退しても、スケートリンクで華麗に舞う真央さんが見たいという気持ちを持つのは、現役時代の真央さんが頑張っていた姿を皆が知っているからですね。

ファンとしては元気なカワイイ真央さんを見れるのは嬉しいですよね!

現役時代の浅田真央さん(公式ホームページより)

全盛期と引退後の収入に違いがあるのでしょうか、気になりませんか?

現役時代は大会などで成績を残した場合の賞金(1位で300万程度)、スポンサーテレビCMなどが主な収入源です。

真央さんの主な戦績は、2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト、2014年ソチオリンピック6位入賞、2008年2010年2014年世界選手権優勝、グランプリファイナル優勝4回、四大陸選手権優勝3回、全日本選手権優勝6回とほとんどの大会で入賞しています。

現役時代、賞金だけで1000万程度はもらっていたと予想されます。

真央さんは現役時代から9社ほどのスポンサーがついていました。スポンサーのCMにも多数出演していましたね。

現役時代の真央さんの年収は賞金、スポンサー収入など最低で1億円~最高で4億円程度と言われています。全盛期は約5~6億円という見立てもあります。(2014年『芸能人仰天ギャラbot』のツイッターより)

では引退後はどうでしょうか?

引退後はいくつか条件が変化しました。

引退直後の女性自身(2017年8月3日)によると、現役時代はテレビ出演のギャラは1本150万円だっのが、引退後は倍の300万円になったそうです。

プロスケーターになったのでランクがあがったからです。

もう一つ大きく変わった点があります。それは引退後は連盟への上納が無くなったことです。

どういうことでしょうか?

Front and backによると、アマチュアフィギュアスケーターは「日本スケート連盟」に対し、CM収入の20%を納めなければなりません。

例えばCM収入が2億7000万円だとすると、その20%の5600万円程を「日本スケート連盟」支払う仕組みがありました。

さらにここから「マネジメント会社」に支払いが発生します。これは個々の契約内容によって違います。

スケート連盟がマネジメントする場合は規定でさらに10%を支払うそうです。この場合は「スケート連盟」に合計30%支払いが生じます。

真央さんの今のマネジメントは「ヒーローズマネジメント株式会社」です。

プロスケーターになったので単純にスケート連盟に支払う20%が無くなったわけですね!




スポンサード・リンク(sponsored Link)

2022年7月で真央さんは8本のスポンサー契約があります。

浅田真央さんの最新スポンサー契約(7月1日現在)
株式会社アルソア慧央グループ​
株式会社エアウィーヴ​
クリヤマホールディングス株式会社​
佐藤製薬株式会社​
宝酒造株式会社​
東邦ガス株式会社​
日本航空株式会社​
森永乳業株式会社​

HEROESマネジメント㈱より)

オリコンによる「好きなスポーツ選手ランキング」の女性部門において、2007年、2009年2010年、2011年、 2013年、2014年と1位を6回獲得しています。 

真央さんは、現役時代~引退後もスポンサー契約数は基本的に9社です。(時期により増減があります。今は「住友⽣命保険相互会社」は終了したので8社です。)

全盛期から引退後まで8社のスポンサーが真央さんから離れずにずっとついていることはすごいですよね。

真央さんがマイナスになるような大きなスキャンダルが無く、スケートに集中して誠実に過ごしてきた様子がよくわかりますね!

現役時代と引退後でもスポンサーの数は変わらないのでスポンサー収入はほとんど変わりません。

むしろ引退後の方が「スケート連盟」に支払う20%が無いので、スポンサー収入はアップした可能性が大きいです。

下の表は2022年女性タレント「CMギャラリスト」(週刊ポスト2022年8月19・26日号)です。

2022年女性タレント「CMギャラリスト」

引退して5年近くたちますが、真央さんは7位の7000万~8000万にランクインしています。女優の天海祐希さん、松嶋菜々子さんと堂々と並ぶ数値です。

今なお人気者であることがよくわかりますね!

真央さんのスポンサー契約は、1本3000万〜5000万円と言われています。

スポンサー契約料金
安く見積もった場合 3000万×8本=2億4,000万円
高く見積もった場合 5000万×8本=4億円

現役時代の真央さんの年収最低で1億円~最高で4億円程度ですので引退後の収入は現役時代とそんなに変わらないのではないかと思われます。

さらにプロスケーターになった真央さんは引退後のアイスショーの出演料もアップしました。メインの出演料で200万円、ゲスト出演で150万円と言われています。

例えばメインで10公演出演したら、単純計算で200万×10公演=2000万となります。

浅田真央アイスショー「BEYOND」(公式ホームページより)

2022年9月から始まる「浅田真央アイスショー『BEYOND』」は全国17会場、約70公演予定されています。

安く見積もって150万×70=1050万です。来年はさらにアップした収入が見込まれますね! 

今の真央さんは、真央さんが動けば動くほど収入が増してくるわけですね。すごい金額です。

小さい頃から女子フィギュアスケートの世界で頑張ってきた真央さん、青春時代もスケート一筋でした。

今後は自分の心地よいペースでお仕事が出来て、さらに収入が安定していてくといいですね。

頑張ってきたご褒美ですね!




スポンサード・リンク(sponsored Link)

(2)プライベートは?

浅田 真央(あさだ まお)さん1990年9月25日愛知県名古屋市出身、現在31歳です。中京大学体育学部卒業しました。

名前の「真央」は、父親が女優の大地真央さんのファンであったことに由来するそうですよ。

163㎝47㎏のスラリとした体型をいかし、日本の女子のフィギュアスケートを盛り上げてきました。

引退後はどのように過ごしてきたのでしょうか?

2018年から手掛けている「浅田真央サンクスツアー」という、全国でアイスショーをするプロデューサー&スケーターとして活動しています。

2022年は「浅田真央アイスショー『BEYOND』が始まります。

浅田真央アイスショー「BEYOND」(公式ホームページより)

キャッチフレーズは【覚悟を持って挑戦し続ける浅田真央が、全国の皆さまにおくる「進化の物語」がついに始まります!】です。

アイスショーでは真央さんが座長を務めています。キャスト、振り付け曲選び、衣装、販売グッズまでプロデュースしました。

座長の真央さんはいつもの柔らかい口調とは違いました。

やるならやる、やらないならやらない、中途半端はなし。全力でやる、120%で失敗するのは問題ない

日曜日の初耳学』出演時の密着映像より

アイスショーは群舞で踊るので、手や身体の向き、タイミングを細かく指導してます。今はアイスショーがすごく楽しいそうです!

力の入れ具合がわかりますね!

ちなみに、アイスショーをしようと思ったきっかけは、浜崎あゆみさんのコンサートで見た時にインスピレーションを感じたからです!

フィギュアスケートでもこの世界を表現してみたいと思ったそうです。

素敵な出会いですね!

【公演時間】は約90分【販売席種】は会場により席種や座席料金を変更されますが、SS席1万2000円に、S席1万円、A席・2階席1万円~5000円程度です。

真央さんは「いずれは自分のスケートリンクを作りたい」という夢があります。実現に向けてスケートリンク「MAO RINK」を建設中です!

スケートを志す人達の励みになりますね。さすが真央さんです!

真央さんはインスタグラムを開設してます。

そこでは仕事のオフショットやプライベートの写真が見れ、真央さんの日常を垣間見ることが出来ます。

どんな写真が掲載されているのでしょうか?

かわいらしいエプロン姿です。 最近は料理にハマっているようですよ!

料理を作る浅田真央さん(『オレンジページ』より)

2020年3月から雑誌『オレンジページ』で『おうちごはん1年生』というタイトルの連載を担当してます。

「食べることが大好き」と語る真央さん、定番料理から世界の料理、スイーツまで、プロの料理家に習ったレシピが満載です。

真央さんの大好きな食が詰まった一冊に仕上がっています。

出版された本(『オレンジページ』より)

そしてもっと年齢を重ねてからは畑を耕すなどし、自給自足の生活をしたいと思っていると明かしています。

食に対しても誠実な真央さんらしいアプローチの仕方だと思いました。

ところで、真央さんのお手製料理は誰が食べるのでしょうか?気になりますよね!

真央さんは現在独身です。「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演した時に、真央さんは自身の結婚観について語りました。

司会の黒柳徹子さんから「結婚についてはいかがですか? みんなに聞かれますか?」という質問をしました。

それに対して真央さんはどう答えたのでしょうか?「そう、けっこう聞かれることが多いですね」とポツリ。その後

タイミングが合えば、まずはお相手からですね。お相手がいなければ先に進まない話なんで。いつかは、自分のいろんなタイミングが合えば、という感じですかね」と話しています。

『徹子の部屋』2021年4月29日に放送より
「徹子の部屋」に出演する浅田真央さん(テレ朝postより)

ちなみに名司会の黒柳さんは「1人で生きてたって、生きていられるんですからね」「結婚しなきゃいけないなんてことはないんですから」とアドバイスしていました!

真央さんの現役時代のライバル、キム・ヨナ(韓国)さんも結婚したというニュース報道があったので、真央さんも触発されて結婚報道があるかもしれませんね。

朗報が楽しみです!




スポンサード・リンク(sponsored Link)

(3)浅田真央さんのまとめ 


浅田真央さんが『日曜日の初耳学』のインタビューコーナーに出演します。

女子フィギュアスケートで2010年バンクーバー冬季五輪銀メダリストの真央さんは引退して5年近くが経過します。

引退後の今も全盛期と変わらない人気ぶりが収入からわかりました。

又、引退後もアイスショーのプロデュース、プロスケーターとしてショーに出演しながらスケートと関わった人生を送っています。

浅田真央さん(国際宝飾展より)

料理が好きで。自給自足の生活をしたいという今後の展望を語る場面もありました。真央さんの手料理を食べられる男性は幸せですね!

結婚報道も楽しみです。

好きなことを見つけた真央さん、「好きなことが見つからない時は焦らずに時を待つことが大事」と語ります。

今しかできないことを後悔しないように「アイスショー」を全力で頑張っている姿は輝いてますね!

フィギュアスケート一筋で頑張ってきた真央さん、今後もどのような人生を歩んでいくのでしょうか、いつも応援したくなる真央さんの今の姿でした。

*このブログでは今年、引退表明した羽生結弦さんの記事も掲載しています。興味がある方はそちらもご覧ください。「野村萬斎×羽生結弦『表現の極意を語る』で悟った羽生選手の精神力」




スポンサード・リンク(sponsored Link)
最新情報をチェックしよう!